豊胸手術の部位

« 光豊胸 | メイン | 豊胸クリニック選び »

豊胸手術を行う際にバッグを入れるという施術を行う場合にはどこにバッグを入れるのか二種類の方法があります。まず一つ目の豊胸手術の方法としては大胸筋下法というのがあるのですが、こちらは、乳腺の下の大胸筋の下にバッグを入れるという方法で行われる方法です。

この豊胸手術が向いている人というのは、痩せている体型の人で、胸が小さい人に適した手術です。胸の皮下脂肪があまりなくて皮膚の薄いといった人がこの豊胸手術を行うと自然に豊胸できるといわれています。それからもうひとつの豊胸手術の方法としては、乳腺下法というのがありますが、こちらは大胸筋の上にある乳腺の下にバッグを入れる豊胸術です。

この豊胸術はバストにもともとボリュームがあるという人や、妊娠出産などでバストがしぼんでしまった人に適した豊胸術です。筋肉の上に豊胸バッグがのるのでバッグの柔らかさは伝わりやすいといわれています。このように、豊胸術を受ける際にバッグを入れるという方法で豊胸術を選んだ場合には、ひとに合わせてどの場所に豊胸術をするのか、バッグを入れるのかということが変わってきますから医師とカウンセリングしながら話をするといいのではないでしょうか。

多数の雑誌でも紹介されているバストアップ法!2014年は自慢もバストでビキニもバッチリ!

サイトTOPへ